足利市農業協同組合

「あしかが美人」のご案内

いちご
品種  とちおとめ・スカイベリー
栽培面積  14.5ha
部会員数  44名
出荷量  628t
出荷時  11月上旬〜6月上旬
足利は「栃木県いちご発祥の地」と言われ、栃木県のいちご栽培に大きな役割をはたしてきました。
JA足利いちご部会では、大粒で甘みと酸味のバランスが良い「とちおとめ」を栽培しており、市場評価も高く美味しいと評判です。現在、試験的に「スカイベリー」という品種も栽培しています。

トマト
品種  麗容
栽培面積  22.0ha
部会員数  48名
出荷量  3,300t
出荷時期  11月中旬〜7月中旬
足利市は、冬の日照量が大変豊富な地域です。太陽の光をたくさん浴びて育つので光沢が優れ、糖度、酸度のバランスが良く、ビタミンたっぷりで、美味しいと好評です。
また、品種は「麗容」 を栽培しています。麗容は、ハウスで赤く熟してから収穫できるため、遊離グルタミン酸(うまみ成分のひとつ)と、リコピンの含有が豊富なトマトです。

きゅうり
品種  トップラン(越冬)
 ハイグリーン21(半促成)
栽培面積  1.1ha
部会員数  2名
出荷量  218t
出荷時期  10月下旬〜1月下旬(越冬)
 3月上旬〜6月下旬(半促成)
足利のキュウリは、越冬栽培と半促成栽培の年2回の栽培にわかれていて、秋田県・宇都宮・地元の足利に出荷されています。
皮が薄く、果肉が厚いので歯ごたえがあり、甘み、風味を備えています。キュウリは利尿作用があり、お酒のおつまみにも最適です。とても美味しいので、ぜひご賞味ください。

大根
品種  役者美人・役者紀行
栽培面積  2ha
部会員数  10名(作付者は9名)
出荷量  90t
出荷時期  4月上旬〜5月上旬
渡良瀬川沿岸は根菜類を作付する上で良質な土壌で、播種作業終了後はトンネルハウスが並び4月の出荷に向け管理作業に入ります。大根は青首大根で尻つまりも良く、市場評価も高く美しいと好評です。

人参
品種  ベーターリッチ、向陽2号
栽培面積  11ha
部会員数  10名
出荷量  360t
出荷時期  5月上旬〜6月下旬
渡良瀬川沿岸は根菜類を作付する上で良質な土壌で、播種作業終了後はトンネルハウスが並び4月の出荷に向け管理作業に入ります。主にベーターリッチという品種を作付していてカロテン豊富で色つやも良く市場評価も高く美しいと好評です。

なす
品種  とげなし千両2号
栽培面積  0.5ha
部会員数  6名
出荷量  30t
出荷時期  6月下旬〜10月下旬
足利のなすは、県内でもいち早く、とげのない品種「とげなし千両2号」に切り替えました。購入時、調理の際に消費者にもやさしいとげのないなすです。

アスパラガス
品種  ウエルカム
栽培面積  1.9ha
部会員数  10名
出荷量  40t
出荷時期  2月上旬〜10月上旬
近年、足利で作付面積が拡大されており、注目を浴びている作物です。ウエルカムは鮮やかな緑色の太茎アスパラガスです。市場評価も高くとても美味しいと評判です。

あしかが美人は、JA足利農産物直売所にて販売をしています。

Copyright©2013JA-ASHIKAGA.All Rights Reserved